ぐんじ彰のBlog

   茨城県選出の参議院議員 郡司 彰 です

衆院解散。そして、前へ。

 「日本国憲法第7条により、衆議院を解散する。」
 国会召集日の9月28日に、衆議院の大島議長は詔書を読み上げ、議場は万歳の声が響き渡りました。参議院副議長室でTV画面を見ていた私の処に約10分後、安倍総理・菅官房長官などが挨拶に来ました。
 その後、伊達議長室に、衆院大島議長、川端副議長、佐藤衆院議運委員長が訪れ、大島議長から、「特例法の関係では両院の正副議長がかつて無く顔を合わせ、立法府としての大きな成果を残すことが出来た。」と感謝の言葉を述べられました。
 既に、前議長になっている大島氏は選挙戦に、川端氏は勇退の道を選ばれており、握手をして別れました。

 当日午後1時30分からは、民進党両院議員総会が開かれました。私は会派を離れており、通常は出席しませんが、この日は横路、川端、高木、大畠の4代議士が解散を機に勇退することを聞き、最後の挨拶を聞きたいとの想いで参加しました。
 各人それぞれが万感の想いを語り、会場は大きな拍手に包まれました。

 前原代表は結成された「希望の党」との実質合流について発言しました。
 8人から懸念などを問われましたが、議論は短時間で終了し、交渉を代表に一任して幕を閉じました。
 翌日からは種々の懸念が現実味を帯び報道され、参院では平山議員が離党を表明するに至りました。痛恨の極みです。

 30日に民進党県連の緊急常任幹事会が招集され、この時期であり出席をしました。大畠会長から経過の説明があり、5人の候補内定者は、希望の党に公認申請をすることとなりました。
 2日には連合茨城との間で「合同選対」が発足し、走りながら支援の方法などを詰めていくこととなります。

 動き出しています。
 前向きに、県内5名の当選を目指して進みます。立ち留まっている時間はありません。皆様にご理解とご支援を得られるよう尽くします。宜しく、宜しく。

平和を誓う、この時季に。

 8月15日は日本武道館で執り行われた、「全国戦没者追悼式」に参列しました。
 戦後72年目の今年、遺族の最高年齢者は101歳との事でした。会場には例年より戦没者の孫の世代など、若い人達の姿が目立ちました。
 私は副議長としての参列は二度目ですが、これまでも式に臨む度に平和への誓いと、霊の安らかならん事を祈っております。

 先立つ9日には、長崎市主催の原爆犠牲者慰霊式典に出席しました。
 本来は議長で有るべき出席を、副議長もと配慮されている慣行と伺っており、私に取りましても初めての原爆病院訪問などを含め、貴重な経験をする事となりました。
 お盆に地元で会ったルネサスグループ連合那珂地区支部・菅原支部長から「長崎で“郡司さん”と声を掛けたけど気付かなかった。」と聞きました。全国の方が被爆を語り継ぐ思いと感じました。

 8月に入って東京は、17日間雨が降ったそうです。世界中から水害の被害が報告される中で、北朝鮮では干魃だと報じていました。
 国の指導者の方針で、国民の生活も苦しい筈なのにと、憤りと併せ早急に核や軍拡への歩みを止めるべきと思っています。

 海外出張報告の最後は、フィンランドの図書館の話です。同国には日本では当たり前の、学校内の図書室というものは無いそうで、各地域毎に図書館が設置されています。
 理由は、人は生涯に亘って図書館に通う事が必要なために・・・との説明がされ、学校を出たら縁が遠くなるのを避けられるというものです。
 「その事と同国の学力が高い事は関係がありますか。」私の問いに説明してくれた女性は、「勿論その通りだと思います。」と答えていました。因みに同国では図書館で、学術的な資料などを印税を払ってコピーしてくれる制度も参考になりました。

 梅雨が続いているのでしょうか。甲子園も例年より長くなりそうですね。洗濯物が気持ちよく干せる日も欲しいですね。

再々改造内閣がスタート。

 安倍政権で再々改造内閣が発足しました。
 新味には欠けますが、前内閣での轍を踏まない手堅い布陣としたのでしょう。茨城では梶山弘志代議士が地方創生担当大臣に就任しました。
 私が長年関わっていた農林水産では、いわゆる農林族と呼ばれる人は、今回も選ばれませんでした。官邸主導の農政が暫くは続くと考えた方が良さそうです。

 民進党の代表を選ぶ臨時党大会は、9月1日と決まりました。ある紙面では過去の代表選はその都度毎に遠心力が動き、党のガバナンスを疑うことが多く、支持を失って来たと指摘されています。
 出馬表明をした二人は、勿論知っています。それぞれに人間味の有る方で、自らの信念や政策も判り易く伝えられると思っています。最終的な構図は判らない部分も有りますが、選挙になればサポーターの皆様の投票を促したいと考えています。

 7月30~31日に、参議院70周年を記念して「子ども国会」が開かれました。
 メディアでも取り上げられ、中には「大人より真剣」の見出しも登場し、チョット複雑な気持ちにさせられました。それは兎も角、確かに6委員会を傍聴し、本会議の報告を聞いても、誠に堂々としたもので、改めて選ばれたる子ども達には感心させられました。

 先月の海外出張では、日本企業を訪問し、生の声を聞かせて頂きました。チェコではダイキン、パナソニック。フィンランドではムラタ製作所を。また多くの企業や各国のジェトロ関係者との懇談も重ねてきました。
 生産の現場では「KAIZEN」が徹底されるとともに、働いている人達の評判は「日本企業は地元の信頼を得ている。」が大勢でした。

 高校野球は49代表も決まり、いよいよ甲子園です。茨城代表の土浦日大はノーシードからの栄冠でした。暑い夏を盛り上げて下さい。応援の皆さんも熱中症には気を付けて!!

政権を任せるに足る信頼を

 ここ数年、梅雨時からの豪雨被害が続いています。今年も九州、秋田・・・との災害報道に心を痛めています。改めて、お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表すとともに、被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。
 今後も台風の襲来が予想されており、充分な備えに心掛ける必要が有ります。更に農業被害も33県400億円を超えているとも言われ、早急な対応が求められています。激甚災害指定を検討すべきです。

 チェコなど4ヵ国を巡ってきました。何れもロシアと歴史的・地理的に関係深い国で、基本的な外交姿勢を比較できればとの想いを私なりに感じて帰って参りました。
 旧東欧(地理・歴史上は中欧)のチェコ、ポーランド、エストニアの国民感情を一言で表せば、「ロシアは嫌い。」に尽きます。
 旧ソ連邦支配から脱した現在は、「法の支配・人権・平等・民主主義」を共通の価値観としています。日本からの投資も増え、「日本企業は地元住民を尊重している。」と評価も得ていました。※今後もテーマ毎に報告するつもりです。

 国会の閉会中審査が両院予算委員会で開かれました。内閣支持率続落を受けての判断と見られますが、歯止めとなり得たかは疑問の残る処でしょう。この後も外交・防衛などの委員会での審査も開かれる可能性が有り、内閣改造も絡み、国民の関心が寄せられそうです。

 一方で民進党です。政権を失って以来、指摘されている党の統治能力(ガバナンス)が改まっていないとの意見を聞かされます。
 事務所の郵便受けにも、多分わざわざ届けてくれた厚意溢れる封筒が入っていました。『党の理念も(私の思いから)外れていない。しかし余りにも稚拙な内部抗争が目立ち・・・・・無党派は離れていくでしょう・・・。』
 格差の拡がる現状に具体的な政策を提示するのも大事。その前に政権を任せるに足る信頼を得なければ。私自身も反省しています。

 暑さも厳しくなり、台風も多発する予想です。お身体を大事にお過ごし下さい。

水害被災、お見舞い申し上げます

 7月に入り、九州を中心に水害による被災地の報道が増えています。昨年の地震からの復興も、その途上であるのに加えてである事を想うと、行政として成せるべきは最優先で行う必要を痛感しています。被災された方々にお見舞い申し上げます。

 6日に日欧EPA(経済連携協定)が大枠合意に達したと報じられました。安倍総理は現地でEU首脳と会見し、「自由貿易を維持できた。」と語りました。
 これからは、交渉の経過と国内への影響評価を明確にすることが必要であり、関係する方々の心が折れない施策を充実させることが重要となります。これも説明責任として加える課題と考えています。

 国会閉会後も、各国要人の参議院表敬が続いています。私もパキスタン、ベトナム、チェコの皆さんと意見を交わし、今後の両国間、議会間の交流促進を話し合いました。
 議会間交流の一環として、副議長を団長とする海外出張が10日から組まれています。訪問先は、チェコ、ポーランド、エストニアそしてフィンランドです。何れの国も近年は日本との関係が深まっているのと併せ、歴史的・地理的にロシアとの外交が注目される点を視察してくるつもりです。なお、チェコは国交60周年に当たり、先週には首相が訪日し、安倍総理との間で直行便の運行などで合意しました。

 県内で過ごす時間が増えています。6月30日には、今年も連合常陸野地協(桑名勝弘議長)の国政報告会が催され、その後の懇親会とも楽しい一刻でした。
 7月3日には、鹿嶋市主催で都市対抗野球大会に2年連続17回目の出場を果たした、新日鐵住金鹿島硬式野球部の壮行会が開かれ、初めて参加しました。県内に日立と鹿島のライバルチーム有り。どちらも先ずは第1回戦の勝利を祈っていますよ。

 「民進党はどうしたの。」都議選後によく耳にする言葉です。真剣に次期総選挙に向けた政策の練り上げ、存在感を増す行動力、信頼される日常活動・・・。政権を見詰める厳しい目は、同時に野党第一党にも向けられています。
 各総支部長に声を届けて下さい。
プロフィール

akiragunji

Author:akiragunji
1949(昭和24)年12月11日生まれ
茨城県水戸市出身
ひたちなか市中根在住
参議院茨城県選挙区選出4期目
参議院副議長

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR