ぐんじ彰のBlog

   茨城県選出の参議院議員 郡司 彰 です

通常国会始動。

 第196回国会は、1月22日に召集され、既に24日から3日間で政府4演説に対する両院での代表質問も終わりました。
 次いで平成29年度補正予算の審議・採決が、衆が29日・30日に、参は31日・2月1日の日程で行われ、2日からは平成30年度本予算の審議が衆議院で始まる運びとなります。
 私は副議長として、召集日の開会式に臨みましたが、御退出の際に陛下が常より少し長い時を掛けて目礼を成されているのが印象的でした。
 また、昨年同様に26日午後の参本会議再開時より、各党代表質問の議事を主宰させて頂きました。「観てたよ。」の激励を寄せて下さった皆様に感謝申し上げます。

 各団体の新年会は2月中続きます。そして毎年の事ですが、この時期は前述のように国会も開かれて居り、出席も限られます。
 例年と異なるのは、先方が「皇室会議は御苦労様でした。御忙しいのですね。」と応じる事が増え、改めて影響の大きさを感じています。
 県内各地を巡っている折、東京製綱労働組合に寄る機会が有りました。山本勇委員長と話している中で、「郡司さんで、関係ある人が2人参院副議長になった。」とお聞きしてビックリ。
 何と第3代三木治朗氏(S25~28年まで)が東京製綱労組の初代委員長だったとの事でした。働く者の代表として、参院の歴史に連綿と続く熱いものを感じました。そうした流れを掘り起こし、光を当てる必要を感じました。

 2月4日に民進党大会が開かれ、24日には同県連大会も予定されています。
 茨城では、現実に即し、身丈に在った地域政党も検討されています。
 大畠会長の想いが有ります。各人の想いや各団体の想いも含め、長谷川幹事長も汗をかいて茨城の風土に適した形を提示してくれると考えています。

 雪の降る地域の苦労を、ほんの少しだけ感じることが出来ました。
 ある新聞の川柳欄に載っていた句です。
 「春よ来い遠き父母雪おろし」

第196回国会へ向けて

 正月も中旬に入り、国会では12日に衆参の議運理事会が開かれ、菅官房長官が出席。今年の常会が22日に召集されることが正式に決定しました。
 参議院では会派の届出締切が17日17時となりましたが、民進党の分裂劇がその日時までに確定するのかが関心を集めています。

 私の正月は、副議長として元旦に「新年祝賀の儀」、10日に「講書始の儀」、12日には「歌会始の儀」の為に参内しました。何れも得難い機会であり、貴重な時空間を体験出来ました。
 県内の行事は、恒例ともなっている4日「笠間市新年賀詞交歓会(山口市長)」から始まり、各地の消防出初式や各団体による新春のつどいに可能な限り参加しました。

 連合茨城の「新春のつどい」は例年より早い5日に水戸市内で開かれ、大井川県知事も出席。私は20回目となる乾杯の音頭を取りました。
 それぞれの会場で、昨年まではご一緒する機会が多かった大畠章宏さんの姿が見えないのは少し寂しい気がしています。

 東京は17日につくばみらい市の小学校の皆さんが国会見学に来ます。そして私もその頃からは在京となる時間が増えて来ます。寒さも厳しい時季となりますので、身体に気を付けて春の準備をしたいものですね。

 「党はどうなるのか?」との質問を浴びせられています。2月4日には民進党大会。同月24日には茨城県連の大会も予定されています。何らかの方向性を指し示す時期が近づいている気もします。

年頭メッセージ

 明けましておめでとうございます。
 皆様には健やかに新しい年をお迎えに成られた事とお慶び申し上げます。

 新年に当たり、今年こそは各種の災害の少なからん事と、世界とくに隣国との間で更に緊張が強まる事のないように願っております。

 昨年は、天皇陛下の退位に関する特例法が成立し、師走に入り具体的な日程なども動き出して居ます。
 私は皇室会議の一員として、歴史的な会議に参画する機会を得ましたが、これも偏に長い間の皆様のお支えと巡り合わせの妙と考えております。

 今年の国会は22日召集で動いており、先ず補正予算の審議や本予算、更に働き方改革法案などの重要法案の審議が続くものと予測されます。
 私も副議長の任に在る限りは、日々の行動に心して臨みたいと考えております。

 今年は、平成として一年を過ごす最後の年となります。この記念すべき年が皆様にとりまして、良き一年で有ります事を祈念致します。

国会は閉幕。天皇陛下の退位日が決まる。

 国会は実質8日に閉幕となりましたが、森・加計問題を含め審議が充分ではないとの想いを持った方も多かったのではと考えます。
 民進党は今後の方向性が定まりません。明日14日には両院議員懇談会を開き、年内25日にも具体案を提示するとされていますが、私は腰を落ち着けて、じっくりとどっしりと構えることが肝要と思っています。

 実は私、この間、尿路結石に伴い急性腎盂炎に罹り、点滴治療を受けていました。その期間が少なくも2週間以上との指示でしたので、この間の本会議など必要な会議等には病院から外出して参加して来ました。
 その為に、クボタ筑波労組40周年記念式典や、副議長公邸を訪ねる予定であった水曜会、更に常陸野地協幹事会の皆様をはじめ、多くの方々に御無礼をお掛けしてしまいました。
 幸い順調に回復しましたので、これ迄同様に宜敷くお願い申し上げます。

 そうした中、12月1日には28年ぶり8回目の皇室会議が開かれました。私も議員10名の内に入っており、歴史的な会議に関わる事が出来ました。
 これも長い間の皆様の御支援により活動を続けられました事に加え、歴代副議長の中でも巡り合わせの妙としか言い様がなく、本当に感謝の念を抱いております。
 これから何時まで副議長の任に在るかは判りませんが、退位に関わる事のみでなく、何事にも真摯に向き合って参ります。

 今年も残すところ約半月となりました。この一年がそうで有った様に、相変わらずトランプ発言と北の挑発が世界を脅かしています。
 国会は閉じられていますが、一朝事有ればとの緊張感を持って、新年に向かいたいと思っています。
 寒波や大雪の便りを聞くにつけ、茨城は良い処との想いを強くしますが、勿論の事、本県でも近年の災害からの復興が全て成された訳では無い事も心に留めて置きます。

 気忙しい時季ですが、風邪など引かないようにお過ごし下さい。

人事往来

 地元紙の広告では今年は県内の各高校で、創立90周年を迎える行事が多かったような気がしました。
 私の母校である県立高萩高校も同様で、11日に同校体育館で行われました。私の在学時は一学年270名程度でしたが、当日の在校生は240数名で、過疎の現実を重く感じました。
 来春からは、進学重視型クラスに加え、自分の生活スタイルに合わせて学ぶフレックススクールへと衣替えするそうです。

 12日には「ひたちなか市合気道演武大会(五十嵐雅高会長)」が、市営総合体育館で開かれ、毎年のように大畠章宏前衆院議員も顔を出していました。
 大畠さんが私に「郡司さんも来たら」と誘ってくれたのは何年前でしょうか。爾来、日程の都合が付けば関係する行事にも参加して来ました。来年からこの元気を頂ける大会で大畠さんと会えるかなと思ってしまいました。

 13日に民進党茨城県参議院第2総支部の幹事会が開かれ、県内各地から幹事の方々にお集まり頂きました。
 内容の柱は、言わずもがなの「党の今後」についてで、総支部長たる私から、現在知り得る情報と見通しについて話をしました。色々と行く末を心配する意見が出されましたが、最終的には、この後も連絡を密にし、総支部長を中心に活動を続けていこうとなりました。
 支援を賜っている皆様にもご心配をお掛けしますが、今後とも宜しくお願いします。

 事務所に新しく岡野文昭さんが加わりました。
 私が初当選の後に、当時の連合茨城で事務局長をしていました。連合の専従役員を終えた後は東京電力(株)に戻り、真面目?に仕事をし、今回の運びとなった次第です。
 以前より顔見知りの人、初めての人、それぞれに宜しくお願いいたします。

 17日には総理の所信演説、そして代表質問と続きますが、前日の16日には日立労組水戸支部「水戸労友会」が国会と公邸に。その夜は連合茨城鹿行地協にて国政報告会を行います。
 忙しいのは良い事ですね。
プロフィール

akiragunji

Author:akiragunji
1949(昭和24)年12月11日生まれ
茨城県水戸市出身
ひたちなか市中根在住
参議院茨城県選挙区選出4期目
参議院副議長

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR