ぐんじ彰のBlog

   茨城県選出の参議院議員 郡司 彰 です

~モンゴル雑感~参議院副議長班海外派遣を終えて

 10月1日に8日までの日程で、モンゴルとウズベキスタン両国を参議院として公式訪問する為、成田を出発しました。しかし悪天候に阻まれ、モンゴルでの日程を終え5日には再び成田に戻って来ました。

 以下は私の「モンゴル雑感」です。

成田とウランバートル空港での送迎
 実は1日の出発が予定より5時間遅れとなり、ラウンジで各自が食事をしている最中に、駐日モンゴル大使が見送りの為に顔を出してくれました。流暢な日本語を話す親日家です。モンゴル到着は翌午前1時半でしたが、空港には6月に来日していた女性議員が素敵な民族衣装で待って居て下さいました。1日はモンゴル国会の開会日。晴れの日の衣装でした。両氏ともモンゴルの人の情を感じる一幕でした。

国民大会議議長・大統領と会談
 エンフボルド議長の奥様はつくば市で研究をしていた由。東京五輪の有望種目の射撃のホームタウンは桜川市とのことで、茨城の話で盛り上がりました。
 バトトルガ大統領は、いわゆるネジレの大統領で、就任前より実業家として実績がある。首都から50㎞には巨大なチンギス・ハーン像を建立し、「是非、見に行くべき」と進言。予定変更で訪ねた一行の感想は「面白い。」多くの実力者は実業家と感じました。

夕食会と鉄道唱歌の合唱
 実質2日目の夜は副議長主催の夕食会が迎賓館で催されました。この迎賓館は門を入って1㎞以上の奥に建っていました。一時米朝首脳会談が開かれると憶測された館です。素晴らしい料理、芸能の楽しい時間はモンゴルウオッカ(51度)の乾杯を5度。最後はモンゴル人が誰も歌える「鉄道唱歌」。実はノモンハン事変の際にメロディが伝わって、今の歌詞は女性の人権を称える「人類」という題でした。歌詞の異なる合同合唱が流れました。

日本式教育導入学校視察
 新モンゴル学園は「一本の木」と呼ばれる日本人有志の支援を含め建設されました。校舎を建てる一本の木に相当する寄付金を集める言葉だそうです。高校2・3年生と団員の対話で、女生徒からの最初の質問は、「何故副議長は大学を中退したのですか。」さすがに優秀な生徒と皆が感心。

 10月の天候は最高8度、最低-4度の筈が20度近い暖かさ、「ここ3日程が異常に高い。」その通りに移動日は雪の予報で飛行機は欠航。

 続きは次回にします。

秋本番。公務も多彩に

 9月10日に白内障治療のため、レーザー治療を行いました。昨27日に再検査をしましたが、「キレイです。大丈夫。」とお墨付きを頂きました。もっとも、世の中がよく見えるかは別ですが。

 安倍総理は三選を果たし、国連総会を中心に外交を展開しています。当地ではトランプ大統領と会談し、日米間ですべての物品を対象に物品貿易協定(TAG)の交渉入りに合意したと報道が為されました。
 実質的なFTA(自由貿易協定)との懸念を指摘する声は多く、臨時国会でも議論が交わされる筈です。特に農業関係者からは犠牲になるのはゴメンだとの声が届いています。

 この間、モンゴル大使、ウズベキスタン大使との会談が行われました。また、ウズベキスタンからは上院副議長の表敬も行われました。
 10月1日から、両国の議会のご招待を受け訪問することになっています。これを機会に両国議会間だけでなく、各方面での交流が深まるよう努めて参ります。
 また25日には、昨年訪れたチェコから、交通・農業委員会議員が来日し、交流を重ねました。その際に外務・農水両省から事前の説明を受けましたが、農水の説明には以前の大臣秘書官を務めてくれた三野さんがEUとのEPAに関してレクをしてくれました。嬉しかったですが、顔には出しませんでした。

 秋からは皇室行事日程が多くなります。23日には「秋季皇霊祭の儀・秋季神殿祭の儀」につき参内いたしました。
 誰からとも無く「何故か晴れますね。」との言葉が聞こえてきました。

 公邸や国会を訪ねて「自治労県退職者の会」、「連合茨城青年委員会」、更に懐かしい鈴木家の方々などにお越し頂きました。本当に有り難うございました。

 野党の結集は、有る面では時間との闘いでもあります。一歩ずつ前に向けて進んで参りますのでご理解を願います。

秋とは名ばかりの暑さ続く

 9月1日、水戸市内で自民党県連・茨城県議会主催にて、故山口武平氏「お別れの会」が開かれ、麻生副総理や関係者多数が参列し、別れを惜しみました。
 私自身は、党派も異なり、県議の経験も無い事から、個人的なお付き合いは有りませんでしたが、茨城の戦後史に、大きな役割を果たした人物として参列致しました。                           合掌

 福島県富岡町に在るJビレッジが再開したとのニュースに接しました。31日に約一年ぶりに福島へと常磐道を北上し、富岡インターで一般道へ。国道6号に向かう道の左側は依然として「避難指示区域」で、今も当時の姿を留めていました。
 Jビレッジは、サッカー場・陸上グランド、ホテルなどが整備され、五輪に備えて美しく再生されていました。
 一方で行き交う車は復興関係車が多く、復興の長期的である事を改めて実感させられました。

 秋は名のみの暑さが続いています。8月25日には那珂市の「ひまわりフェスティバル」に参加しました。ひまわり畑には「春りん蔵」という油が多く取れる種類が植えられていましたが、「暑すぎてひまわりも頭を下げているよ。」との言葉が印象的でした。
 行けば寄る「歴史民俗資料館」は、前回の国体展を開催中で、飯村秘書は「私が出た開会式(のDVD)だ。」と喜んでいました。

 4日は台風21号が直撃するニュースが前から続いています。台風一過の結果は、関空閉鎖や人的被害が報じられています。
 その日、東京では国民民主党の代表選挙が行われ、玉木代表が選出されました。
 6日早朝には北海道で震度7の地震が発生。被害の全容は未だ判明しませんが、不明者の救出などが急務となっています。
 7日には自民党総裁選が告示され、こちらは前哨戦から各紙を賑わしています。予想どおり安倍総理の三選になれば、その日から次の総理への道が始まります。
 それが、これ迄どおり自民党なのか、代わり得る政党が育つのか、それにどう係われるのかを模索して行きます。

甲子園のような熱い国会に。

 夏の甲子園が閉幕しました。色々な記録が生まれ、多くの記憶を残してくれました。
 中でも準優勝校の金足農ナインの活躍は、意外なところにも注目が集まりました。その一つは、『日本農業新聞』が一般紙で取り上げられ、農業や農業高校にも関心が集まった事でした。

 それにつけても想うことは、例えばベスト16が激突した日。全4試合中3試合は3対2の大接戦で、「野球は面白い。」を実感した人が多かったのではないでしょうか。
 国会も与党・野党の緊迫した論戦が続けば、国民の関心も高まるのではと考えてしまいました。
 8月22日には国民民主党の代表選挙の構図が決まりました。一方で自民党総裁選挙の安倍三選なるかの扱いと比べると、やはり一強の行方に耳目は集まっています。

 県内を歩いていると、来夏の参院選、特に比例区選挙の取り組みについては、判り易く応援できるようにとの話を聞かされます。
 5月7日以降を無所属として活動している意義を、具体的な姿に表せる様、更に努力をして参ります。

 暑さがぶり返しています。「暑いなぁ。」と思った22日は、水戸で今年最高の気温でした。
 台風20号の予報を見て、短時間に集中して雨が降る地域を知りました。この様な気候が毎年常態化していることに、何が有効な方策が有るのかを、集中して議論する機会を考えていきます。

 今月も残り一週間となりました。交代で休暇を取っている方もいることでしょうが、政治の世界では9月に入れば各党も動き出します。
 臨時国会で本当に憲法改正の提起が為されるかも含め、テーマは多く抱えています。

 残暑厳しき折、お元気でお過ごし下さい。

73回目の夏を迎えて

 73回目の夏が来ました。
 私は、7月下旬から県内各地域の集いに出席する度に、「一年の内、8月だけでも平和を願い、行動する月にしたい。」と話をしています。

 8~9日には昨年に続いて、長崎平和祈念式典に参加するため、長崎市を訪ねて来ました。
 先ず、8日は「恵の丘長崎原爆ホーム」を訪ね、松崎ヒロ子理事長らから説明を受けた後、被爆者であり、利用者である皆様がロビーで合唱する中を迎えられました。
 更に入居者が待つ部屋に入り、8名の方々を慰問させて頂きました。入居者は一番若い方が72歳(胎内被爆)で、平均は88歳との事でしたが、温かい心を感じられる方々でした。お元気で、と心から思いました。
 翌9日は、暑い日差しの中での式典でした。
 しかし、被爆犠牲者を慰霊し、再び被爆者を生み出さない想いを抱く参列者は、進行の流れを真剣な眼差しで見つめていました。
 私の隣は、現職として初めて参加した国連のグテーレス事務総長でした。日本の国が果たす役割が何かを訴えた姿勢に拍手を送りました。

 15日の全国戦没者追悼式に参加をします。
 今年は平成として最後の式典になりますので、心して臨んで参ります。
 16日には那珂湊で催される「万霊供養灯籠流し」、更に17日には「ひたちなか市戦没者追悼式」に参加をし、平和を考え、想いを新たにするつもりです。

 9月に入ると、4日には国民民主党の代表選挙。20日には自民党の総裁選挙で安倍総理の三選成るか。そして月末には立憲民主党と公明党の党大会が続きます。
 秋の臨時国会はいつ召集されるのでしょうか。その際の与野党の顔触れは如何にとの興味もさる事ながら、野党の結集に何を為すべきかを具体的に模索していきます。

 暦の上では秋とは言え、残暑とも言えず猛暑が続いています。くれぐれもお身体を大切にお過ごし下さい。
プロフィール

akiragunji

Author:akiragunji
1949(昭和24)年12月11日生まれ
茨城県水戸市出身
ひたちなか市中根在住
参議院茨城県選挙区選出4期目
参議院副議長

リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR