ぐんじ彰のBlog

   茨城県選出の参議院議員 郡司 彰 です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙制度改革に向け検討会

 今年も敬老週間が過ぎました。私の住んでいる、ひたちなか市東中根の敬老会は、団地の集会所を使った小ぢんまりしたもので、今年は招待者30数名に加えてほぼ同数の自治会役員の皆様、そして踊りや唄の演者の子どもさん達が揃って開かれました。
 紙上には茨城県内で百歳以上の方が初めて千人を超え、内女性が900人以上とのことでした。ちなみに私の一人暮らしの母は90才で、「なる程なぁ。」と思わせるものでした。
 その上で私は、挨拶の中で「男性が少ないのは、少し別な要素もあるかも知れませんね。」と述べることが有ります。今年百歳を迎える皆様は終戦時は31~32才ですが、多分にその時期を迎えるまでの間に、散華された方が居られたことでしょう。長寿とは平和であって、更に働く喜びや生きがいの持てる社会だからこそと年毎に想いを新たにしています。

 参議院山崎議長の呼びかけで、12日に各派代表者懇談会が開かれました。議長からは参議院選挙制度改革に向けた検討会を設けたい旨の提案が有り、各派から賛意が示された後、更に議長は「この場を第一回検討会に切り換え・・・」と宣し、次回を19日に開く事、その際、各派に割り当てられた協議会メンバーを提出すべき事が決められました。
 一票の格差、参院の在り方などの視点から改革案をまとめ、次回の参院選通常選挙からの適用を目指します。

 報道に有る様に、安倍内閣は閣僚級の改造は行わない事としたようです。ならば副大臣・政務官は大幅に入れ替わる事になりそうで私の良き理解者でもある加治屋農林水産副大臣も交代を静かに待っています。
 加治屋さんが就任したのは政権交代後の昨年12月。今夏の参院選は勇退を決めており、つまり選挙後は民間人としてこの二ヶ月余りを副大臣として過ごし、この間に会館と宿舎は引き払い、今はウィークリーマンションにて仮住まいを続けてきました。
 「改造が過ぎたら2~3日間、夫婦で東京見物して鹿児島に帰ります。」やはり在京時間は長くとも、名所も旧跡も観ていないのは同じだなと思いました。

 新米の便りが届く季節となりました。そんな折、興味ある記事を見つけました。2012年の単身世帯のサプリなど健康食品の支出額は1万3018円で、1万367円のコメを上回る。主食だったコメと健康食品は11年に「主従逆反」し、その差は3000円近くまで広がっているとのこと。
 一方で健康食品で健康を失ったとの被害も国民生活センターには寄せられているそうで、実りの秋にもう一度「食」を考えてみるのも良いですね。
プロフィール

akiragunji

Author:akiragunji
1949(昭和24)年12月11日生まれ
茨城県水戸市出身
ひたちなか市中根在住
参議院茨城県選挙区選出4期目
参議院副議長

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。