ぐんじ彰のBlog

   茨城県選出の参議院議員 郡司 彰 です

力を”結集”しよう

 師走も下旬に入りました。年末ジャンボで残された日を夢見る人。新年向けヤル気を充電する人。一番多いのは、まだまだ年内の仕事が・・・と言う人、でしょうか。
 政府は20日、来年度予算案102兆円を閣議決定しました。翌日の紙面は「歳出膨張 歯止め利かず」「遠のく財政健全化」「社会保障費 最大35兆円」などの文字が眼に付きました。
 防衛費の後年負担など、当初予算に表れない部分を含め、野党の力を集めた年明けの国会論戦が待たれます。

 今年は年末にかけて、在京の予定は限定的で、県内各地を廻っています。
 事業が拡大し、従業員が大幅に増加している企業あり。企業売却の話が紙面に出た事業所あり。これ迄も繰り返されて来た、社会の動きを肌に強く感じさせられました。
 中には、退職した筈が再任用でバッタリ顔を会わす人や、想わぬ現況を聞かされたりと、歩くことの大事さを再認識しました。

 「かんぽ」の実態が公表されたのは、予想どおりとは言え、やはり国会が閉じられてからでした。
 そして、鈴木総務省事務次官が日本郵政側に、行政処分の検討案を漏らしたとして懲戒。その後、高市大臣は鈴木事務次官の辞任を発表しました。
 この国の政府内は、何処まで腐ってしまったのでしょうか。毎日新聞21日付で、青野由利さんは「・・・事例を積み重ねれば、シュレッダーにかけられるのは民主主義そのものだと思う・・・」と記しました。同感です。

 旧聞に属しますが、連合茨城の歴代会長、事務局長、副事務局長など約30人の方々と会食を共にする機会が有りました。
 元会長では、残念ながら、初代・生頭さん、同3代・海老沢さんが都合に因り欠席しましたが、多くの方々と楽しい話で盛り上がりました。
 皆様の想いは「連合以前の労働界に戻す事はならない。野党よ結集しろ。」でした。

 年が明ければ、各地から桜の便りが届きます。官邸が考えるよりも、庶民感情の奥底に”桜”は燻り続けています。それは、このまま曖昧にしてはいけない、本質的な問題を内在させています。忘れずに年を越しましょう。

 寒暖の差が大きい日が続いています。健やかに年末をお過ごし下さい。
プロフィール

akiragunji

Author:akiragunji
1949(昭和24)年12月11日生まれ
茨城県水戸市出身
ひたちなか市中根在住
参議院茨城県選挙区選出4期目

リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR