ぐんじ彰のBlog

   茨城県選出の参議院議員 郡司 彰 です

参院補選長野へ応援

 4月も中旬から下旬へと移っています。国会は例年の事ですが、衆議院での法案審議は「国民投票法」などを除き、舞台は参議院に移っています。
例年と異なるのは、衆院の任期満了まで半年を切り、「何時解散があるのか」を横目に見ながら、衆院議員はコロナ禍での取り組みに精を出す日が続いている事です。
4月25日には広島・長野の参院選、そして北海道2区の衆院補選が投開票され、結果は総選挙の行方を左右するのではとの見方も拡がっています。

 先週13日夜に長野県岡谷市入りし、14日、15日と長野県内を埋橋県議会議員と廻りました。住宅地が標高千メートルを超える地帯では、梅・桜・杏・リンゴと梨の花が一斉に咲いていました。茨城で生まれ育った私にはまるで別世界の風景で、正直驚きました。
梅は2月、桜は卒業・入学時と決めてかかっていたのは、多様性の概念からすると、私の思いは未熟であったなと考えさせられました。
長野は2年前にも応援に入りました。今回も良い結果を待っています。

 17日は県内各連合地協の内、県北地協、常陸那珂地区、水郡地区、鹿行地協、県西地協主催の第92回メーデーが実施され、私は地元の常陸那珂地区メーデーに参加しました。
昨年は中止でしたので、2年ぶりのメーデーでしたが、予想された雨は降らず、太陽の下での開催となりました。参加者は絞られたため、例年より少なめでしたが、私も久し振りに屋外でマイクを握って話をしました。
菅原議長の出身労組はルネサス那珂支部で、当日朝のニュースでは、工場での火災後毎日1600人の応援を得て、操業再開に至ったと報じていました。
頑張れ、組織労働者!

 帰水しての嬉しい話です。地元の秘書が聞いた話として教えてくれました。秘書の友人の会社社長が、ある林業関係の団体に顔を出した際、私が3月25日に行った農林水産委員会での「間伐材特措法」の質問議事録が置いてあったと言うのです。「茨城のみならず、全国の林業関係者にはこの質問は的を射ていて・・・」などと褒めて頂いていた、との情報でした。林業関係団体には僅か10部程度配っただけなのに、と思うととても嬉しい話でした。お陰でその日の夜は少し多めに呑んでしまいました。
プロフィール

akiragunji

Author:akiragunji
1949(昭和24)年12月11日生まれ
茨城県水戸市出身
ひたちなか市中根在住
参議院茨城県選挙区選出4期目

リンク
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR