ぐんじ彰のBlog

   茨城県選出の参議院議員 郡司 彰 です

力を”結集”しよう

 師走も下旬に入りました。年末ジャンボで残された日を夢見る人。新年向けヤル気を充電する人。一番多いのは、まだまだ年内の仕事が・・・と言う人、でしょうか。
 政府は20日、来年度予算案102兆円を閣議決定しました。翌日の紙面は「歳出膨張 歯止め利かず」「遠のく財政健全化」「社会保障費 最大35兆円」などの文字が眼に付きました。
 防衛費の後年負担など、当初予算に表れない部分を含め、野党の力を集めた年明けの国会論戦が待たれます。

 今年は年末にかけて、在京の予定は限定的で、県内各地を廻っています。
 事業が拡大し、従業員が大幅に増加している企業あり。企業売却の話が紙面に出た事業所あり。これ迄も繰り返されて来た、社会の動きを肌に強く感じさせられました。
 中には、退職した筈が再任用でバッタリ顔を会わす人や、想わぬ現況を聞かされたりと、歩くことの大事さを再認識しました。

 「かんぽ」の実態が公表されたのは、予想どおりとは言え、やはり国会が閉じられてからでした。
 そして、鈴木総務省事務次官が日本郵政側に、行政処分の検討案を漏らしたとして懲戒。その後、高市大臣は鈴木事務次官の辞任を発表しました。
 この国の政府内は、何処まで腐ってしまったのでしょうか。毎日新聞21日付で、青野由利さんは「・・・事例を積み重ねれば、シュレッダーにかけられるのは民主主義そのものだと思う・・・」と記しました。同感です。

 旧聞に属しますが、連合茨城の歴代会長、事務局長、副事務局長など約30人の方々と会食を共にする機会が有りました。
 元会長では、残念ながら、初代・生頭さん、同3代・海老沢さんが都合に因り欠席しましたが、多くの方々と楽しい話で盛り上がりました。
 皆様の想いは「連合以前の労働界に戻す事はならない。野党よ結集しろ。」でした。

 年が明ければ、各地から桜の便りが届きます。官邸が考えるよりも、庶民感情の奥底に”桜”は燻り続けています。それは、このまま曖昧にしてはいけない、本質的な問題を内在させています。忘れずに年を越しましょう。

 寒暖の差が大きい日が続いています。健やかに年末をお過ごし下さい。

臨時国会閉幕。野党合流へ加速

 12月9日、第200回臨時国会は67日間の会期を閉じました。
 憲政史上200回となる今国会は、期間中に安倍総理が桂太郎内閣の在任期間を抜いて、最長を記録しました。しかし後世に残るのは安倍政治の終わりの始まりとして記憶されるかも知れません。
 結果として、政権が目論んだ「日米貿易協定」は成立し、来年元旦から発効することとなりましたが、もう一つの悲願であった憲法改正の一里塚である「国民投票法改正案」は、衆議院において継続審議となりました。

 一強で在る筈の与党の目論見通りに事が運ばなかったのは、開会前に野党の共同会派が結成され、大臣2人が僅か6日間に辞任する出来事や、英語共通テストの中止を余儀なくされた事も有ります。何よりもやはり「桜を見る会」を巡る一連の対応が、国民の生活感情に照らしても理解できない政権の驕り、政治の私物化と映った事に因ると想われます。

 昔、藤原家が政治を私(わたくし)したときに詠める歌、「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」は有名ですが、月は満ちれば欠ける。安倍政治はこれ迄どおりとは行かない気がしています。

 国会終盤になり、野党の合流に向けた動きが加速しています。
 立憲・枝野代表は「会派を共にする国民民主党、社会民主党、社保を立て直す国民会議・無所属フォーラムの皆さんに共に闘って頂けるよう」呼び掛けを行い、各党・会派で検討が始まっています。
 簡単な事では有りませんが、出来ない事でも有りません。「政治に対する不信と不安を払拭し、自公に代わって政権を担い得る強力な政党」が求められています。

 12月8日、18日に及んだ大嘗宮の一般参観が終了し、78万人が皇居を訪れました。
 私も小雨の降る日に散策がてら出掛けて来ました。特に変わった建物では有りませんが、一世一度の古式ゆかしき建物に見入る大勢の方々の心情や如何にと思いを馳せました。

 常陸大宮市の石川幸太郎さんから、「総理官邸に行って来たよ。」と連絡有り。
 前全農県本部長の川津さんは、「欧州に行って来たよ。」と東京事務所に。国会は閉じても国会参観は続いたりと、年末も茨城と東京の往復が続きます。時間を見つけて地元の皆様の処へも出掛けるつもりです。

季節外れの”桜”で国会日程窮屈に

 第200回国会は、会期を3週間残すのみとなりましたが、「桜を見る会」を巡る安倍総理の説明責任などに焦点が集まり、法案審議などの日程は少し窮屈になっています。今後の進展によっては、延長も有り得るかなどの憶測も流れ始めています。

 そのような中13日には議員宿舎で新人議員を交えた総会が開かれ、その後の懇親会には大勢の与野党議員そして同居する家族の方が参加しました。
 私はと言えば、副議長の任も解け、久々に顔を出しましたが、普段は余り話をする機会の無い他会派の新議員との交流は、院内とは別の人柄を知る良い場所となりました。

 14日は別な用件のついでに、笠間の「菊まつり」を観て来ました。会場では今年も、事務所にも時折顔を見せる下妻市の外山茂登子さんの「友愛の大地」が一つのブースを使って展示してありました。
 期間の半ばを過ぎていたせいか、参拝する人は少なめで、沿道の商店街の活気も今ひとつの感がしました。

 15日に「森林環境政策議員懇談会」の総会が院内で開かれました。この議連は野党内の最大の懇談会で、立憲、国民、社民、無所属の90名以上が名を連ねています。
 前会長が今次参院選で勇退した事を受け、私が会長に就任しました。事務局長には佐々木隆博立憲副代表が引き続きの就任で、「どうか宜しくお願いします。」です。

 17日に恒例の「ひたちなか市合気道演武大会」が催され、会場には大畠前衆院議員の顔も見えました。大畠さんは相変わらず精悍な武道家のイメージで挨拶をされていました。
 少子化と学業優先社会の波が、参加者数に出ている気がしました。頑張れ!合気道児たち。

 連合茨城大会を受け、各地域協議会の総会が続きます。
 21日には中央・県西・鹿行の各地協で、また翌22日には県北地協の総会が予定されています。私は、鹿行・県北各地協で、併せての国政報告会を編んで頂いております。有り難う御座居ます。

 18日には、筑西市のさつき会の皆様が国会見学に来てくれます。メンバーの藤田さんはJA北つくばの総務部長を務めた方で、私と同年齢の知人です。同窓の会と聞きましたが、良い人生ですね。

 若い世代の政治離れが報じられています。
 世界の潮流とは異なるのは平和の産物なのでしょうか。

農水委で約3年半ぶりに質問

 小春日和の11月10日、即位に伴う国事行為の最後となる「祝賀御列の儀」が行われ、沿道には約12万人の人々が祝意を表しました。
 私はこの間、上皇陛下の御退位及び天皇陛下御即位の礼に、パレードを除いて参列いたしました。貴重な経験をする事が出来ましたのも、一重に皆様方の御支援のお陰であると感謝して居ます。

 国会での仕事は、参議院農林水産委員並びに懲罰委員となりました。
 農林水産委員会は、7日に大臣所信に対する質疑が行われ、当初の予定では無かった私に質問の機会が訪れ、急遽ではありましたがトップバッターで質問しました。
 通常、副議長経験者はあまり質問に立つことは前例として無いそうで、農水省も少しビックリした様でした。

 「共同会派が発足して何か変わったの?」と良く言われます。メディアでは与党も、「大した事ないよ。」とコメントしていますが、現実には衆議院で120名、参議院で60名を超える野党会派の出現は、あの政権交代を成し遂げたときの勢力とほぼ同じ数なのです。
 大臣が6日間に続けて2名辞任したのを見れば、これ迄と政府も対応が違って来ています。問題は行政監視の内実が伴っているかで、それが問われる事となります。

 連合は結成30周年を迎え、連合茨城も大会を終え、内山・高木体制が続きます。各地域協議会の総会が今週から続きますが、例えば県南地協では長年事務局長を務めて来た片見常雄さんが勇退すると聞きました。
 私個人も昔からお世話になった方で、これからも勝手にお世話になろうと思っています。

 秋は各地で産業祭や各種のイベントが目白押しです。一方で災害の傷跡も残っております。双方とも元気が出ればと願っております。

 国会は日米の貿易協定や、英語民間試験延期に至った経緯などの議論が続いています。災害対応の予算措置などを考慮すれば、総選挙は、来年の五輪後との見方が一般です。でも気を抜かず、野党が政権を担ったらどんな経済政策かを煮詰めていく秋(とき)だと思います。 

 9日の国民祭典は寒かった。急激に季節は変わっています。お身体を大切に・・・です。

台風19号で被災された皆様にお見舞い申しあげます。

 第74回いきいき茨城ゆめ国体が、開催県として最高の成績で閉会したのが8日の事でした。続いて開催予定であった、第19回全国障害者スポーツ大会は、台風19号により中止となりました。
 その台風19号は、東日本を縦断し大きな被害をもたらし、県内でも堤防決壊は12箇所に及び、16日現在に至るも未だ被害の全容は明らかになっていません。
 全国の亡くなられた方に哀悼の意を表し、併せて被害に遭われた方々に御見舞を申しあげます。また不明の方々の捜索が進む事を願います。

 国会は総理の所信演説に対する両院での代表質問が終わり、今日は参議院での予算委員会の二日目が行われています。
 今国会は野党3党一会派が共同会派をつくり初めての国会論戦で、行政監視の力が強まったかが試されています。
 論戦は多岐に及んでいますが、関電、郵政、日米貿易など必ずしも焦点が定まっている展開とはなっていません。
 3月からの長期間に亘り、予算委員会が開かれずに来た事を考えれば、当然と言えますが、今後の推移を注目していきます。

 副議長としての制約はなくなり、議連の活動にも徐々に再加入をしていきます。
 「たばこ議連」の総会は15日に予定されていましたが、台風対応のために延期されました。開かれる際には顧問に就く事となりました。
 「森林・林業活性化議連」は会長が勇退により不在となっておりますが、会長の打診を受けています。他の議連も検討して参ります。

 16日に、創立114年を迎えた笠間市立友部小学校の国会見学があり、児童と先生114名が見えました。
国会参観後は「昭和記念館」に行く予定と聞きました。同館は戦中・戦後の庶民の生活を展示している処で、素的な企画をする学校だと感じました。
 18日には水戸市立常磐小学校の皆さんが見学に来る予定で、楽しみにしています。

 今回の水戸市岩根地区の水害に遭った地区は、約20年前にも被害が出た地域と重なります。可能な対策を講じたにも係わらずの事とは思いますが、近年の大雨や台風がこれまでの常識を超えている現状に合った、新たな施策が全国的に求められていると改めて感じています。
プロフィール

akiragunji

Author:akiragunji
1949(昭和24)年12月11日生まれ
茨城県水戸市出身
ひたちなか市中根在住
参議院茨城県選挙区選出4期目

リンク
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR